勃起不全を攻略せよ!

EDにバルデナフィルとカマグラオーラルゼリーを比較

バルデナフィルは、レビトラに含まれる成分で、血管拡張作用があります。EDの治療に用いられます。からだのなかで細胞内信号伝達物質として働く物質にサイクリックGMPがあります。これは勃起をするために必要なものなのですが、ホスホジエステラーゼ5という酵素がこれを働かなくしてしまうのです。EDがおきるのはホスホジエステラーゼ5という酵素の働きが強すぎるからといってもかまいません。バルデナフィルは、このホスホジエステラーゼ5のはたらきを阻害することで勃起を持続させることができるのです。

バルデナフィルの特徴は体内への吸収が速いことです。そのため即効性があります。またED治療薬のなかには食事の直後に飲むと効果が低下するものがあります。ところがバルデナフィルは食事の影響を受けにくく、服用時間にある程度の自由度があります。また血管拡張作用があるといっても陰茎海綿体以外での作用が少なく副作用も少ないのが特徴です。

一方、カマグラオーラルゼリーはバイアグラのジェネリック医薬品であるカマグラをゼリータイプにしたものです。カマグラオーラルゼリーも酵素PDE5のはたらきを阻害することで勃起障害を改善します。カマグラオーラルゼリーには、わずかな性的興奮でも勃起状態を持続できるという特徴があります。

注意することは、これらの薬は性的興奮を呼び起こすというものではないということです。性的興奮があるにもかかわらず、海綿体に血液が流れ込まないため勃起することができない、このような状態を改善するための薬です。また血管を拡張させる作用があるため、使用上の注意を守る必要があります。心臓疾患がある場合は使用できません。また人によっては血圧低下が起こることがあります。