勃起不全を攻略せよ!

EDは年齢に関わらずおこる病気です

EDとは、勃起が起こらないケースはもちろんのこと、硬さが不十分であったり、勃起状態を維持することができないなど、満足に性交渉を行うことができない状態のことをいいます。
1998年に行われた調査によると、日本人男性のEDは、約1130万人で、年齢別には40代の5人に1人、50代の2.5人に1人、60代の1.7人に1人ということで、身近な病気といえます。

EDの原因はさまざまで、神経と血管のどちらかが正常に働かなくなることで、陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、十分な勃起状態を得ることができなくなります。
原因は大きく分けると4つのタイプがあり、年齢によっても原因が違ってきます。
50代以上に多いのは、血管や神経の障害に起こるものですが、30代、40代などの若い年齢で起こる場合には、精神的なストレスで起こることが多く、そのほかには薬剤で起こるEDなどもあります。
加齢によって起こるEDの場合、動脈硬化が原因のことが多く、血管が十分に広がらないため、陰茎海綿体にも十分に血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。
また糖尿病や高血圧などの生活習慣病を持つ人は、血管に負担がかかるためEDが起こりやすくなるともいえます。
そのほかにも、脳出血や脳腫瘍、パーキンソン病やアルツハイマー病などの神経が傷害される病気なども、EDを起こしやすくなります。

男性にとって人にはなかなか聞きづらい症状のため、治療を先延ばしにする人が少なくありません。
また年齢に伴って衰えていると思い、治療を行わない人もいますが、性機能の不調が単なる加齢によるものだけでなく、動脈硬化などの疾患からくる場合もあります。動脈硬化は深い関係にある病気ですから、適切な治療を行う必要があります。そのため、いつかは治ると放っておくのではなく、気軽に医師に相談してみてはいかがでしょうか。